お勧め商品

田七人参キャンペーン ”静岡県初上陸”

やっと見つけました!本物の田七人参です。
世界で初のヨーロッパ(ドイツ)の有機認証(日本の有機JAS規格の数十倍の難易度です)を取得しました。
丸ごと頂くことにより、金不換(田七人参の別名)の効果を実感して下さい。

中国雲南省の山奥で栽培され、収穫までに最低三年間もの歳月がかかる人参です。
近年まで中国では門外不悉の天然秘薬として永年、国家管理の元、重宝されておりました。
現在でも「金不換(お金に換えがたい価値)」と呼ばれている最高級の人参で「人参の王」とも呼べる漢方薬です。

【主成分:デンシチサポニン】
サポニンは高麗人参・大豆・茶・ニンニクなどの、細胞膜に多く含まれている成分です。
サポニンには溶血液作用があり、身体に良いと注目されています。(血液サラサラ効果)
大豆サポニン、茶カテキン(サポニン)、ニンニクサポニンよりも高麗人参にはサポニンが多く含まれ珍重されて
いますが、更にその数倍の効果があるといわれているのが田七人参のデンシチサポニンです。

【主な効果】
脳疾患、心臓、高血圧、高血糖、肝臓、更年期障害、冷え性、むくみ、ストレス、アトピー、痩身、疲労回復
田七人参生産者 「白井博隆氏」の講演会をひらきました!
日時 : 2008年3月8日(土) 13:30〜
会場 : 牧之原市保健センターさざんか

販売店としての勉強会の様子です。
北海道や九州から来ていただき、今食べているものや飲まれている物、本物や本物まがいの物のお話をしていただきました。一番印象に残っているのは北海道小栗牧場の小栗様のお話の中で、草食動物は大草原で草を食べさせ、しっかり日光浴をさせなければだめだということ。
同じ牛乳でも自然の中で動物として飼われた牛の乳と、工業製品のように計画的に飼われた牛の乳では人間の体に対する栄養価が違うということ知らされました。
又現在のように牛が食べている餌は配合飼料などが多いわけですが、大草原の自然の草を食べて育った牛は病気が少ないとの事です。
私達の食べ物も加工食品が多くなり自然のものが少なくなりました。これらが病気の素になっているような気がしてならないのです。
白井田七人参(株)アドバンスにて
白井社長の会社を訪問しました。
北海道八雲町
小栗牧場の小栗さんのお話
北海道八雲町
小栗牧場の小栗さんのお話
白井博隆氏の講師による蕎麦打ち風景
皆さん食べ終わった後バイオリンに聞き入っております。
九州福岡市の(株)都夢想 白土氏によるEMのお話
北海道函館市の(株)函館酪農公社
金子氏による乳製品のお話
白井氏による田七人参のお話